元プロ野球選手が野球によるスポーツ障害・外傷・正しいフォームチェックをします。ラジオ波・女性鍼灸師の美容はり灸

逆子(骨盤位)

  • HOME »
  • 逆子(骨盤位)

逆子とは

妊娠後期には、胎児の頭は恥骨の方にあり、臀部や足はお腹の上方にある『頭位』(正常位)となる場合が多く、『頭位』の方が

スムーズに生まれやすいとされる。逆に頭がお腹の上方にあったり(骨盤位)、臍(へそ)の横にあったり(横位)する場合は

分娩時間が長引くなど母子ともに危険な状況となることがある。医学的に骨盤位(逆子)という。

逆子になる原因は、様々な諸説があるが、それらですべてを説明することはできず、大部分は原因不明と言われている。

逆子の鍼灸治療の機序

下肢に鍼灸をすることで、下肢血流が改善し、下腹部、子宮血流が改善した結果、回転しやすくなるといわれています。

下肢の逆子のツボに温灸等の刺激を与えることで、脊髄性の自律神経反射が起こり、子宮筋の緊張が緩和し、子宮の収縮が起こりやすくなったり、胎児の胎動が増加し、自己回転を起こしやすくしている。と言われています。

逆子の治療開始時期

胎児は、早期から子宮の中で自己回転をしていますが、28週位になると頭が恥骨側である、『頭位』で安定するようになります。

病院で『逆子ですね』と告げられるのは、27週から28週くらいであり、初診が33週くらいまでであれば鍼灸治療による回転率は高いとされています。そのため、『逆子』とわかってから、あまり遅くならない時期に鍼灸治療を始めることをおすすめします。

 

 

捻挫・脱臼・骨折・スポーツ外傷・ラジオ波・鍼灸治療 TEL 082-263-1255 受付時間月火木金土9:00-12:30 15:00-20:00水日祝9:00-12:30(午後は予約診のみ)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.