スポーツ外傷・整体・ラジオ波・野球指導・女性と子どもの鍼灸治療

野球肩

野球肩とは

野球の投球動作の他、テニス・バレーボールのサーブ・スマッシュ等、腕を大きく振る動作を繰り返すスポーツで生じる肩の痛みです。

特に野球は、肩関節痛を生じる頻度が一番高いです。

関節包や、肩関節に付着する腱や筋、あるいは骨の損傷によるもので、損傷の部位によって、肩の前方、または後方、時には上腕が痛みます。

過度な投球動作が原因となることが多いですが、体幹や股関節の柔軟性不足、肩や肩甲骨周囲の筋力不足、不適切な動作フォームなど、様々な体の要因も絡んでいます。

野球肩の種類

野球肩の原因や損傷は多岐に渡ります。以下、頻度の高い野球肩の種類について。

1.インピンジメント症候群

 野球肩の原因で多いのが、インピンジメント症候群。肩を使うたびに、肩峰や靱帯に上腕骨頭が衝突することにより、腱板がはさまれ、肩峰下滑液包に炎症を起こし、肩が痛む。症状としては、肩を上げていくとき、ある角度(70〜120°)で痛みや引っかかりを感じ、それ以上肩を挙上できなくなる。このような症状がインピンジメント症候群の特徴である。

2. リトルリーグショルダー(上腕骨骨端線離開)

少年野球選手の肩の痛みは、リトルリーグショルダーを疑う必要があります。
成長期の投球障害で、投球時や投球後に肩の痛みを訴えます。子どもの骨の端には、骨を形成する細胞が密集する成長線という軟骨(成長軟骨)がありますが、骨に比べて強度が弱く、過度の投球による負荷で損傷し、上腕骨の肩の部分の成長軟骨(骨端線)の離開(骨端線離開)が起こって痛みが表れるスポーツ障害です。放置しておくと痛むだけでなく成長障害にも繋がる可能性もあります。

当院では投球開始まで姿勢調節・肩関節の可動域訓練・体幹強化など、いつでも投球できるような体作りを行います。
再発しないようフォーム指導も行います。

スポーツ外傷・整体・妊活・逆子・美容鍼はこちらから TEL 082-263-1255 受付時間月火木金9:00-12:30 15:00-19:30
水土9-12:30

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.