野球部の学生の肩の痛みを多く診ています。

原因は様々なことが考えられます。

肩に直接原因があるというより、他の場所に

問題・原因がある場合が多いです。

腰の筋緊張、股関節の柔軟性と使い方

身体全体のバランスが悪く、体前面の筋肉ばかり発達していたり

その割には背筋が弱いパターンがあったりです。

これらに問題があると、きれいなフォームで投げることができません。

きれいなフォームで投げれないから、肩に負荷がかかり、肩周りの

様々な負傷につながるのです。

今の野球部の学生は、ウエイトトレーニングを

しっかりやっているので、筋肉の発達は良いですが

柔軟性が全くない学生が多いです。

高校生はウエイトトレーニングは当然必要ですが、

それ以上に、身体の柔軟性は重要だと考えています。

当然のように、皆さん、素振りやシャドーピッチングは

していると思いますが、だからこそ、ケガをしないように

きれいなフォームで投げるためには、日々のストレッチが

必要なんです。

ストレッチを侮っていませんか?

硬い体で狭い可動域でプレーしていると

重要な個所が使えず、いろんな場所に負担が波及していきます。

柔軟性のない身体は、イレギュラーなシーンで急激な動きに

対応できず、ケガにつながります。

ハードな練習や一日中の試合では、身体・筋肉が疲労します。

身体・筋肉の疲労をうまく抜くためにも、軽いジョギングや

ストレッチでほぐす必要があります。

そして、たった一日やっただけでは、柔軟性はつきません。

プロ野球の選手も、プロ競輪選手も、ほぼ全員の選手は

入念なストレッチやアップ、ダウンを欠かしません。

練習前、練習後、試合前、試合後です。

高校生は日々、取り入れていきましょう!

しょう整骨院

柔道整復師

川口 正

しょうブログ

http://ameblo.jp/smilk0315

エキテン!

http://www.ekiten.jp/shop_6893063/