楽しいお盆休みも過ぎ、平常モードに切り替わりつつあります。

日々多くのお子さんの施療や野球のアドバイスをさせてもらっていますが

野球が好きで好きでたまらなく、友達とさんざん野球で遊んだ後も、一人で家の壁にボールを当てながら、ぶつぶつひとりごとを言って一人野球試合を毎日楽しんでいたり、布団に転がってボールを天井に向かって投げて、返ってくるボールをストライクだのボールだの判定し、ツーアウト、満塁を想定しながら妄想野球を楽しんでいた自分からすると

最近の子どもさんは野球以外にも楽しみがあるのか、そこまでの野球好きはいないなぁと寂しく感じます。

当時と違い、ゲームもあるし、野球以外のスポーツも盛んになっているので仕方ないのですが、当院に来ても野球の話をするよりゲームの話の方が目が輝く子どもさんが多いですね。

もし自分の子どもに野球が上手くなって欲しいと思ったら、ゲームではなく、野球道具を渡して、楽しい甲子園・熱い高校野球、強いカープを見せましょう。そうすることで、勝手にバットを振りに出かけることでしょう。

もし野球が上手くなりたい子どもがいたら、まずは高校野球を見て、応援して熱くなった気持ちが冷めない内に、バットを振りましょう。

自分が逆転ホームランを打つイメージでスイングしましょう。

そうすることで、必ず野球は上手になります。