夏の高校野球、開幕から昨日の閉会式まで、広陵高校の応援をテレビでドキドキしながらさせていただいた14日間でした。高校生が日本一を目指して戦う姿は、眩しくて、素晴らしい姿でした。

連日の放送を見た小学生、中学生の生徒さんが目を輝かせて、野球をやりたい、甲子園に観に行きたい、キャッチャーがやりたい、ピッチャーがやりたい、広陵高校に入りたいなどという声を聞くたびに、今回の大活躍は広島のたくさんの子どもたちに大きな夢と希望を与えてくれたと実感します。

選手の皆さんが言っているように、グランドで戦う選手、ベンチの選手、応援団の選手、皆さんで成し遂げた快挙だと思うと、チーム、仲間、絆の大切さを改めて教えてもらいました。

3年生の皆さん、次のステージでも大きな夢を胸に頑張ってください。

甲子園大会は閉会しましたが、広島では新チームで春に向けての秋季大会が始まっています。身体に気を付けて、広陵高校をはじめ、各チームの選手の皆さん、頑張ってください!

これからも、高校野球を応援していきます。

 

『夢をがむしゃらに追いかける姿は美しい』