5年前の#競輪競走 で、#第2頸椎歯突起骨折という大怪我を負った院長。
#歯突起は#第1頸椎 #環椎 とともに、#首 の#回旋運動 にとって重要な骨。
もう少し後方にずれていれば、呼吸器の麻痺、命に関わる場所でした。オペをしてくださったドクターには、今まで1000人の脊椎脊髄オペをしてきた中で、歯突起骨折は2例だったといわれました。#チタンのボルト を入れても、まっすぐに入るのは難しく、#偽関節 になる可能性もありましたが、1年後、何とか癒合してくれていました。
しかし、回旋はやはり難しく雨降りや疲労がたまると頭痛、首痛があるとのこと。後頭部から首、肩までガチガチなので、全身調整の鍼をしながら、首、肩にもしっかりうちます。
#しょう整骨院