【身体が疲れていても眠れない】

心、脳が刺激を受けて興奮していると、身体は疲れていても夜、寝つけないことがあります。

そんな時はお灸にお願いします。

夜は肝に血を蔵すと、眠りやすいので肝経のツボ、太衝、三陰交に加えて、気を補う足三里などにすえます。

じんわりと温まり、気持ちがリラックス、眠りにつくことが出来ます。

朝は、気をめぐらせるイメージで、合谷、足三里にすえます。

時間のない朝は手と脚に5分すえることで、しっかり目覚め、脚の疲れも気になりません。

お灸の知恵を体感してみましょう

#しょう整骨院 

#鍼灸師

#せんねん灸セルフケアサポーター 

#7月28日 

#妊活のためのお灸教室

お気軽にお問い合わせくださいね。