今日の日中は比較的暖かく過ごしやすい一日でしたが、朝夕と日中の寒暖差が激しく、日の当たらないところでは冷えるので、頭痛や肩こり、腰痛の方が多かったです。

そういった慢性的な痛み疾患のある方は、痛みに繋がりやすい行動パターンは気をつけたほうが良さそうですね。

身体を冷やさない、特に足元は冷やさない方が良いですね。スマホやPCモニターを見る時間を極力減らす。通勤や買い物は徒歩にする。腰痛の方は行動にひと手間かけることが必要です。重い物を持つとき、顔を洗う時、洋式に座る時、布団の上げ下ろしの時、いきなり腰をくの字に曲げて行わずに、膝を使ってしっかりしゃがんだり、膝で高さを調節することが、腰、仙腸関節に負担をかけない方法ですので、「面倒」と思わずに、丁寧に動くようにしましょう。

物を手で取ろうとする時、物がある方向に身体を向けて手に取りしょう。身体の向きを変えるのが「面倒だから」と、いきなり腕だけを後方に伸ばして取ろうとして、肩、腕を痛めた方もおられます。

腰の場合だと、庭のタイヤを運ぼうとして、「面倒だから」といきなり腰を曲げた時に激痛が走った人、足の場合は、自転車から一旦降りるのが「面倒だから」といきなり足を地面につこうとして転倒された方などなど、キーワードは、「面倒だから」となっています。運動不足も「面倒だから」が原因になっていることが多いですよね。

普段から運動不足の方(若い方でも)、運動機能が低下していると思われる方は特に気をつけましょう。

運動指導、野球指導をしていて気になることは、女子は比較的身体が柔らかい生徒が多いですが、男子は身体の硬い生徒が多いことです。ある程度の柔軟性がないと野球のパフォーマンスに関わってきます。ケガをしやすいリスクもありますが、難しい体勢からの捕球や送球、リストの柔らかさなど、柔軟性が必要とされます。日々のストレッチが大切で、練習中にはしっかり行うことが出来ないことは、個々で意識を高く持って続けることが大切です。

サッカー部の生徒に膝のテーピングをしました。膝を曲げた時に内側部に痛みが出ていたのですが、テーピング後は、痛みが軽減したと話していました。子のテーピングは3日目ですが、剥がれたり、蒸れたり、かゆみなどのトラブルは起きていませんでした。

これからもスポーツ障害、外傷に使っていきます。