今朝はこちらが話題となっていました。

張本勲氏、2軍落ちの阪神・藤浪に「持ち味は荒れ球。好きなように投げろと言えばいい」

あっぱれな言葉とは思いますが

人気球団阪神で、そのような状況が作れるのでしょうか。OB、有名解説者が集まってきて、本当に「自由に」投げることなど出来るのでしょうか。

なので矢野監督の考えのとおり2軍で調整した方が良いでしょうね。

唯一藤浪投手のピッチングは毎回ニュースとなり、何人押さえて、何人に当てた、どのような暴投を投げたと、ファームの調整でさえ、ニュースになるほどです。

小さい頃からフィーリングで投げているので、動作解析、理学療法、データ分析などを行っても、多くのプロ野球出身解説者が、精神的なものではなく技術的なものが原因だといっても、頭部死球を繰り返すと、心理的原因となりやすいと思う。技術的な問題だとしても、動作解析、データ分析では、本人の感覚の部分は伝わらない。

前回の試合は全員左バッターをラインアップされた。そのような精神的重圧がかかる場面で、これまで右打者に死球を繰り返した藤浪投手が、精神的に保つのは困難だと思う。

最初は技術的な問題だったと考えるけれど、今となっては心理的な原因だと考える。そして、伝統の人気球団阪神では、本当の意味で自由に投げる環境にないと思う。

戻れるなら大阪桐蔭高校の卒業時に戻って、恵まれた投手だからこそ、一歩引いた眼で育てる姿勢を持った指導者について、きっちりと調整をしながら、慌てずじっくり育てて欲しかった。けど時間は戻らないから、環境を変えることが良いのではと思う。

自由に投げろということだけど、本当の意味で一緒に考えてくれる指導者にあたってほしい。その人物は必ずいると思う。トリプルアクセルが跳べなくなった真央ちゃんが、基礎重視でスケートの生き字引の如くの佐藤コーチと出会ったように(選んだように)、無名に近い高橋尚子が、褒めて育てる小出監督と出会ったように(選んだように)、いぶし銀のカープ佐々岡元2軍投手コーチ(現1軍コーチ)のように、(佐々岡コーチはカープのかつての大スター、そんなコーチが真っ黒に日焼けして、若い選手を指導していた。そんな中にカープの育成力の確かさがあると思う。今1軍で活躍しているピッチャーを見ればわかると思う。)そんな存在は必ずいる。絶対にいると思う。