鍼灸師川口です。

寒の戻りか!というくらい、朝夕の冷えが続いていますね。今日は背中が冷えて冷えて苦しかったですが、お昼あたりから暖かくなり、ホッと一息過ごしております。

先週末は、鍼灸の学術大会が当院近くのホテルで開催され、全国から380人もの鍼灸師が集まり、大変有意義な学びの時間を過ごしました。

そういったことも書きたいのですが、どうも、先週イチロー選手が引退されたことが、心に衝撃をきたしており、傷口と言いますか、風穴と言いますか、そういったものがふさがれるまで、なかなかブログを書けておらず情けないところです。

私はスケヲタ(スケートヲタク)ですが、世界フィギュアさえ、どうでも良くなってしまった瞬間がありました。(結果、見ましたが)

やはり、一人の選手で高校卒業時から30年近く注目を続けてきた選手というのは、そうそういないもので、その考え方や、行動が注目され、老若男女から尊敬されてきた選手、私自身はオリックスが好きで、仰木監督が好きだったことが始まりですが、イチロー選手の行動、発言はウォッチしてきて、奮い立たされることが何度もありましたので、プレーヤーとして球界を去ることは寂しさがあります。

きっと同世代で、同じ思いでいらっしゃる方も多くおられると思います。

まだまだ傷口・風穴はふさがらないかもしれませんが、テレビのHDに貯めてある過去のインタビューや、本などを読んで、今しばらく浸りたいと思います。

当のイチロー選手は、すでにセンチメンタルは過ぎ去って、颯爽と風邪を切って歩いているんだろうなと思います。

夢と希望と勇気を沢山いただいて、ありがとうございました。これからもイチローさんをウォッチしたいと思います。