慢性的な首・肩こりの方、特に男性は

常に前傾姿勢、極端にいうと、首と肩が上に上がってしまっている姿勢の方が多いです。

首と肩がガチガチに固まっています。そういう方を多く施術して感じることは

心身ともにオンとオフがうまく切り替わっていないことから、常に交感神経優位となり、

緊張状態が長く続いて筋肉の血行不良となりやすく、ひどい首・肩こりを発症し

慢性化しているということです。

人間は仕事モードの時は自律神経の交感神経が優位に働いています。

睡眠や食事、趣味の時間など、心穏やかに過ごせる時間は、リラックスモードの副交感神経が優位に働きます。

この自律神経がオンとオフでうまく切り替わると良いですが、

緊張状態が長く続くと、常に交感神経優位となっている方もおられると思います。

日常生活のなかで、わずかでも、リラックス出来る瞬間を見つけましょう。

・仕事の合間にコーヒーを淹れる(香しい香りは嗅神経を介し、大脳辺縁系に達します。大脳辺縁系は人間の情動、欲望、学習などに密接に関わりがあります。自律神経系や内分泌にも関わっているので、コーヒーが好きな人は、香りをかぐと、リラックスできるのではと思います。アロマを焚くのも良いですね)

・仕事の合間に背伸びをしたり、肩・腕回しをしたり、簡単なストレッチをする。(筋肉を伸ばすときに意識して大きな深呼吸をすると、リラックスできます。)

・仕事の合間に、10分でも仮眠をとるか、1分でも2分でも目をつぶる時間を作る。

これらを意識して行うことで、意識してリラックスすることが出来ます。

仕事の合間だけでなく、食事の時間、夕食の時間後、入浴、睡眠前はゆったりと過ごすように心がけましょう。

常に気を抜かない性格の方は意識して、「リラックスモード」で過ごせる時間を意識的に作ってくださいね。

仕事の合間のコーヒーと月餅は?さぼり?リラックス?(笑)

良きゴールデンウイークをお過ごしくださいね!