京都にあります、新町お灸堂の鋤柄誉啓先生(@sinmachi_okyudo)の今朝のツイートが非常に興味深かった。

デザインになぞらえて、以下の内容がつぶやかれていた。(以下引用)

6時間睡眠が続くと・・・

・脳の老化が進む(7時間の人と比べて)

・頭の働き(認知機能)がほろ酔い程度になる。

・代謝が低下する。

・食欲が増える。

となるみたいなので早く寝たいのよ私も。

・・・という内容。

お肌の老化も気になりますが、リアルに怖いのは・脳の老化。・頭の機能がほろい程度になる。ところが仕事だけでなく生活のパフォーマンスも下がるし、切実に怖いなと感じた。

そして週明けからちょい風邪のはずが本格的な風邪ひきとなってしまい、熱も37度を超え、明らかに喉やら炎症起こしてる状況で、薬を飲まないのはまずいぞと、葛根湯を飲みだして、毎日8時間睡眠を守り通して早3日。悲しいかな食欲は通常通りあるけれど、今朝計ってみたら久しぶりに痩せていた!

これは上記の最後のところ、6時間睡眠だと、代謝が低下する、食欲が増えるとあるが、良く寝たから代謝が上がり、食欲も必要以上に食べずに済んだからか!ととても嬉しくなった。

確かに目覚めもすんなりで、起きた時のあの嫌な疲労感もない。頭もクリアですぐに仕事出来るくらい良い感じ!

今までは、家事も仕事も押してると、いーや、寝るのが遅くなっても。と、安易に午前様を繰り返していた。連休の時は嬉しくて夜遅くまで無意味にPCを操作することもあった。

これからは、お肌の老化もあるし、脳の老化も嫌だからもあるけど、何といっても、食欲と代謝の良い関係を保ち、無駄に太りたくないので、せめて7時間睡眠を死守したいと思います。

世の中には7時間も寝てたら仕事になりません!という方も多いかと思います。眠い状況では仕事もはかどらないので、せめて午前様になる前に寝て、少し早起きしてお仕事したり、お昼に20分程度の仮眠なども良いと思います。

睡眠不足から引き起こした今回の風邪。健康は、運動も、食事も、サプリも、ケアも大事ですが、最も根本的な睡眠を見直すことをおすすめします。