皆さん、こんばんは!今日も梅雨らしいお天気でしたね!

しょう整骨院には、小・中・高と、各チームで活躍している少年たちが治療に

通ってきてくれています。

ひたむきで、野球部らしい、礼儀正しい少年たちを見るにつけ

自分も真摯に向き合いたいと思います。

小学生から中学生に進級する時期、

中学の部活に入るのか

硬式などのクラブチームに入るのか、悩まれる親御さんも多く、相談を受けることがあります。

お子さんの能力が高ければ、強いチームや有名チームに入れてやりたいと思うのが親心かと思います。

良く話し合って、お子さんの正直な気持ちを聞いてあげてください。

そのうえで、送迎や様々なチーム運営のお仕事(父親、母親で役割分担があるチームもあります)、費用、

監督、コーチの指導方針、チームの雰囲気を見て

親がバックアップできるかどうかを、見極めたら良いと思います。

強いチーム・有名チームに入るのがすべてではありません。

小学生から中学生に上がる時期は

ホップ・ステップ・ジャンプのホップの段階に過ぎません。

身体もまだできてなく、これから身体をつくっていく時期。

野球が楽しくてたまらないから、これからも続けていこう!という

まだこれからの時期なのです。

ですから、チーム選びにそこまで悩むこともなく、あの(有名)チームに入れなかったからダメだというわけ

でもなく、野球が楽しいから続ける」という、お子さんのモチベーションを一番大切にしてもらいたいと思います。

結論

持論ですが、高校では将来の選択(就職?進学?進路を見定める時期)をする場面があります。

中学生までは、プロ野球選手になりたいという「夢」を皆、持ちます。

高校ではプロ野球選手が「職業」として、現実的なものになってきます。

勝負は高校野球の段階からになってきます。

高校野球の時に、「俺にはプロ野球選手は無理だ・・・」とあきらめる人が出てきます。

野球で食っていくのは無理だと・・・

最後まで親も子どももバカになりきれる人

わが子はプロ野球選手になれる、なりたい

自分はプロ野球選手になれる、なりたい

そう信じて、レギュラーに選ばれなくても、選ばれなくても、選ばれなくても

あきらめず、

プロ野球選手になれると

思い続けた人だけが

「野球を続けた人だけが」

プロスポーツの選手になれる、自分はそう信じています。

日本のスカウト力は大変優れていて、どんな地方の片田舎の選手でも

光るものを持っていて、スカウトされないということはありません。

中学・高校(地方の分校も、夜間高校も)、専門学校、大学、社会人

どこかの瞬間で「続けてさえいれば」選んでもらえます。

もう一度結論

1.ケガをしないこと(野球を断念する原因になりやすい)

2.とはいっても、子どもの場合はすぐ治るので、「続けること」です。

親子で今しか共有できない、この時期を楽しんで野球を続けることが出来ると良いですね!

応援しています!

IMG_6112