【糖質は悪くない】
巷で流行っている糖質カットダイエット。
夜は白米を抜く人。かぼちゃや人参、ジャガイモなどの糖質多めの野菜も極力口にしない人。多々おられますが、何でも極端にカットするのは、良くないかなと思います。糖質は身体にとって必要なエネルギー源なので、極端に減らすと枯渇し、筋肉からエネルギーを使うようになり、筋肉が落ちるといわれています。
今は、糖質も適量食べて、同時に水溶性食物繊維を摂ることが推奨されています。

写真はオートミール(押し麦)に無脂肪ヨーグルトをかけて、キウイ、バナナ、ブルーベリーを載せた朝ごはんです。
押し麦は、水溶性食物繊維がとても豊富。
それ以外にもフルーツでとることができます。

もちろん、ご飯にスクランブルエッグ、お魚、お野菜が朝食の日もあります。

我が家では主食には、白米に水溶性食物繊維が豊富な3割のもち麦を混ぜて炊き、長芋すりおろしやお野菜も食物繊維が豊富なものをチョイスして食べています。
蛋白質もとりますよ。
水溶性食物繊維が糖質をくるんで腸に移動し、排出してくれるので、血糖値を急激にあげるのを防ぎ、糖質を適量とることでエネルギーが枯渇せずに済むのです。
便通も良くなります。
情報は日々、アップデートして、日々の暮らしにいかしていきたいですね。